PR

飲む美容液と言われている最近注目を集めている美容飲料水がデトックスウォーターと呼ばれているもので、水にフルーツや野菜・ハーブなどを入れて作った飲み物のことを言います。
通常の水と比較するとフルーツや野菜などの味が付くのでフレーバーウォーターとも呼ばれていますが、効果としては名前にあるようにデトックス(老廃物を体外に排出する事)がスムーズに行われます。
また食材に含まれた酵素や水溶性の栄養素が溶けだしているので酵素やビタミン、ミネラルの補給も簡単にできるということで、水分補給をするだけで簡単に綺麗になれると評判です。
そんなデトックスウォーターは自分たちで簡単に作ることができるので色々な人がレシピを公開しているのですが、その中から基本的なものを紹介します。
作り方としてはまず入れたいフルーツや野菜などをよく洗って容器に入る程度にカットしておき、重さのあるものから容器に入れて水を入れるだけです。
あとは2時間から一晩寝かせておけば出来上がりなのですぐに飲む事ができますし、水はミネラルウォーターだけではなく炭酸水やココナッツウォーターにすることもできます。
ここでワンポイントがいくつかあり、例えば皮が付いているフルーツや野菜は皮ごと入れておけばより栄養素を豊富に取り込むことができます。
ですがメロンやスイカ、グレープフルーツなどの皮の厚いものはなかなか栄養素を取り出すことができませんし皮にあまり栄養がないので皮を剥いておくことがおすすめです。
またハーブを使ったときやフルーツ・野菜の種類によっては苦味や渋み、酸っぱさを感じての醜いという事もあります。
その時は無理をせずに砂糖やはちみつ、メープルシロップなどで甘みをつけても大丈夫です。
ただしこれらは水に溶けにくい性質を持っているので、少しのお湯で溶かしてからデトックスウォーターに混ぜる事がおすすめです。
多少であれば効果に影響はないので大丈夫ですが、大量に入れ過ぎないように注意しましょう。

体内に溜まった老廃物は体に悪影響を及ぼします。
人は日々代謝を行い、身体に必要な栄養素を体に取り込み利用し、最後に残った不要になった老廃物を排出しています。ですが、血液やリンパ液の流れが悪くなってしまうと、その老廃物が流れなくなり体に滞てしまうのです。
老廃物が体に溜まってしまうと、血流が悪くなるため代謝が悪くなり脂肪をため込みやすくなってしまい肥満になりやすくなります。また、老廃物と一緒に排出される水分が排出されずむくみやすくなってしまいます。
そして便秘も引き起こされ、腸内に毒素がたまり、食欲不振や消化吸収機能の低下、じんましん、冷えなど様々な体の不具合が起こってしまいます。セルライトや老化、肌トラブルなども引き起こされ、まさに体に悪影響を及ぼすのです。
こうした老廃物や毒素をしっかり排出させることをデトックスといいます。
デトックスの方法は運動やマッサージ、サプリメントなど実にさまざまありますが、手軽に日常に取り入れることができる方法としてデトックスに効果的な飲み物を摂取する方法があります。
飲み物も種類はたくさんありますが、代表的なものとしてまず緑茶が挙げられます。抗酸化物質のフラボノイドが含まれていて血管のつまりを防ぐ働きがあります。その他にも血中コレステロールを低下させたり、利尿作用といった効果も期待できます。次にデトックスに効果的なハーブティーが挙げられます。その中でもタンポポ茶、ローズヒップティー、フェンネル茶などがありますが、便秘に効果的であったり利尿作用があったり、発汗作用などもああります。
そして、生姜紅茶もデトックス工がある飲み物です。
冷えを解消したり利尿作用が期待できる生姜と、利尿作用があって腸の脂肪吸収を抑制する紅茶の相性がバッチリです。
その他にも今話題の水素水も効果的な飲み物です。水素量が多いものを選択して取り入れるとより効果がアップします。
他にもデトックスに効果があるとされる様々な飲み物がありますが、自分に合った飲み物を選択し毎日飲み続けることで、デトックス効果を実感できます。

好転反応というのは、本来の状態に戻るためにあらわれる反応です。

一時的に悪化したり不定愁訴があらわれたりします。
初めてデトックスを行なった場合などは特に好転反応がでやすい場合があります。
通常の生活をしていると、人間の身体は酸性に傾きがちになります。
紫外線や大気汚染、ストレスや食品添加物のとりすぎが主な原因となっています。
そのため、酸化した細胞が本来もっている機能を失ってしまったり、有害物質が酸化によって細胞内に溜まってしまうことがあります。
デトックスをすることで、これらの有害物や筋肉などにたまっていた異物、老廃物がはやいスピードで体外に排出されていきます。
この時、身体の中の毒素が血液の中に流れます。
その結果、一時的に体調が悪くなったりするのです。
デトックスをすることで、不調がある箇所から反応がでる場合があります。
その部位が改善されると、次に不調がある部位が反応します。
吹き出物や発疹がでるのも好転反応のひとつです。
また、血行が悪かった身体に血液が正常に流れ込むことで、全身にだるさを感じる場合もあります。
自律神経に不調をきたしていた場合は、副交感神経が活性化されて眠くなったり、交換神経が沈静化されるなどの症状がでる場合もあります。
ですが、身体が正常に戻ろうとしている前の状態ですので、毒素が体外に排出されてしまえば、健康的な身体になることができます。
毒素を体内から排出するためにおすすめなのが、水を飲むことです。
水を多く飲むことで、尿や汗などから毒素が排出されていきます。
特に朝一番に冷たい水を飲むと腸の活動が刺激されて、体内に留まっている宿便が排泄されるて腸内デトックスにもなります。

眠くなる症状がでた場合は、ゆっくりと睡眠をとるなど、身体の欲求をなるべく実践してあげることをおすすめします。
健康になるための一時的な状態ですので、過度な心配をする必要はありません。

なんらかの病気ではないのに、慢性的なだるさが続いたり、むくみやすくなったというような場合、身体に毒素が溜まっていると考えられます。
人間の体は排便や排尿によって不要物などの毒素が排出される機能を持っていますが、ストレスや生活習慣、食生活などによってその機能が低下すると体に毒素が溜まって、原因不明の体調不良を招きます。
こうした毒素を排出するデトックスの方法にはサウナやファスティングなどがありますが、毒素を貯め込む大きな要因が食生活にある場合、根本的な部分を改善しなければすぐにまた毒素が溜まってしまうことでしょう。
そこでおすすめなのが食事からデトックスを行うことです。
どのような食事がデトックスに効果的かというと、腸内環境を整えて便通改善に効果のある食物繊維、胃腸内にある有害物質を排出する効果のある葉緑素、肝臓の毒素を無害化させる亜鉛、代謝機能を高めるビタミンやミネラルといった食事です。
しかし、これらを食事から効率よく摂取しようとすると、かなり気を使って食材を考えなければならず、継続することが難しいといえます。
そこで活用したいのが青汁です。
青汁は昔から健康食材として広く知られていますが、実は非常にデトックス効果の高い食材の一つでもあります。
青汁には、デトックスに必要な食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルがバランスよく配合されています。特にケールや明日葉、クロレラを主成分とした青汁は、デトックスに必要な成分の全てを摂取することが出来るとしておすすめです。
また栄養バランスという面でも青汁は優れていますので、日々の食事の改善が難しくても、青汁を日頃から飲むようにすることでデトックスと同時に効率よく栄養補給をすることが出来るのです。

デトックスとは、体内に溜まった老廃物などの悪いものを体の外に排出することです。
デトックスの方法にもいろいろなものがありますが、手軽に始められること、楽しく美味しくとりくめることから、ハーブティーでのデトックスに近年注目があつまっています。

ハーブとは、香草や薬草とも訳される有用植物の総称です。葉や茎、花などが主に使用されています。
香草と呼ばれるだけあって、香りに特徴があるものが多く、鎮静や興奮等の作用をもつものが多く見られます。
料理の香り付けや、防虫防腐対策、国や地域によっては古くから薬として使用されています。

ハーブを一番手軽にとることができるのがお茶、そう、ハーブティーです。
生のままでも、乾燥させたものでも、豊かな香りを楽しむことができます。
カフェインが少ないものが多く、リラックス効果が期待されています。
香りや味を楽しめることに加えて嬉しいのが、ハーブティーの持つデトックス作用です。
ハーブティーに使われているハーブには、利尿作用や整腸作用をもつものが多く、悪いものの排出を促進する効果が期待できます。
飲むだけでむくみ対策や腸内環境改善に繋がるのです。
もちろん、植物なのでビタミンが含まれていますし、悪いものを排出しつつ、体内のバランスを良い方向にもっていってくれます。
悪いものを出して、良いものを入れる。ハーブティーにはデトックスの代表となりえるほどの効果があるのです。

一度飲んだだけでも利尿作用などは実感できることと思いますが、何事も続けることが大事。その点ハーブティはリラックスしながらおいしくいただけるので、楽しみながら続けることができますよ。
お茶なのでカロリーも少なく、女性には嬉しいことばかりです。
ご家庭でもお手軽に始められる、ハーブティーでのデトックス。美容や健康に気を使う女性の間で、今ブームとなっています。
また青汁もお茶ではありませんが、同様の効果を期待できますよ。
あなたも、ハーブティーでデトックス、始めてみませんか。

腸内デトックスはまず腸をキレイにすることから始めます。

加工食品や肉食に偏っている現代食は腸を汚しています。
宿便という言葉を良く耳にしますが、腸壁にこびりついて排泄されない便の事をいいます。
デトックスの為にサプリやハーブを摂取しても宿便が邪魔をして良い効果を得ることは出来ません。

腸内洗浄をして、宿便を排出し腸をキレイにしましょう。

方法は色々とありますが、まず最初にすべきことは日々の食生活の改善です。

まず朝起きたら水を飲みましょう。
朝一番の水は腸に刺激を与え、蠕動運動を活発にします。
水は冷えている方が良いですが、刺激が強すぎて下痢を起こす人もいますので、体調に合わせて選びましょう。

水だけでも良いのですが、その時に塩とレモン果汁を追加すると、栄養的にも万全な状態になります。

次に食物繊維の摂取です。

食物繊維は腸内で膨張して余分な便を吸着して体外に排出する機能があります。
また後述する乳酸菌の餌にもなります。

食物繊維には水溶性と不溶性があります。

水溶性は果物や海藻に多く含まれており、水に溶けてドロドロになります。
このドロドロが便に粘着質を与えて、有害物質を吸着し排出するのです。

不溶性は豆や野菜に多く含まれており、水に溶けず、便の量を増やして排泄を促します。
青汁が手軽に食物繊維を飲み物として有名ですね。

双方特徴がありバランス良く摂取することにより宿便の排出を促すのです。

最後に乳酸菌で腸内フローラを整えましょう。
腸内フローラとは腸内に存在する菌の集合体で善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在しています。

この中で善玉菌を増やすことにより腸内デトックスにつながります。
善玉菌は腸内を酸性に保ち悪玉菌を駆逐する働きや宿便を分解する働きを行います。

乳酸菌とビフィズス菌を摂取する事により、善玉菌を増やして腸内フローラの改善につながります。

摂取方法はヨーグルトが有名ですが動物性の脂肪やタンパク質が多いので、出来れば植物性発酵食品を摂取してください。

漬物、キムチ、味噌は植物性乳酸菌を豊富に含んでいますので、普段の食事に取り入れてください。

纏めますと、
・朝水を飲んで腸の蠕動運動を活発にする。
・食物繊維を摂取して腸内の宿便を排出する。
・乳酸菌を摂取して腸内フローラを整える。

上記三つを実行するだけで腸内はデトックスされて、免疫力の向上につながり健康な生活を送ることが出来ます。